ホームへ


里山の四季

 「里山の四季」の主な舞台は大阪と奈良の県境、生駒山の南にある「信貴山」。
ふもとには住宅地が広がるが、ここには昔ながらの里山が残っている。
里山の虫たちや生きものたちのことをエッセイに綴ってみました。

春夏秋冬 写真集
クサイチゴと訪れる虫たち早春の陽ざしとビロウドツリアブ猩々袴
カラスノエンドウとスズメノエンドウ鷭(バン)ヤマザクラルリタテハ
シャガ水仙ふきのとういぬふぐりホオジロ椋鳥モンシロチョウ
玉葱スズメバチルリマルノミハムシのぼり窯アケビカタクリ
モズハクモクレンシロバナタンポポマメヅタギフチョウ馬酔木
どんぐりの芽生えスミレ
初夏 続クモの話・シマゴミグモアヴァンギャルド/ゴミグモの雄 粋なクモ
深緑の季節を歩くつゆ空のホタルブクロ黄色い花火テッポウムシ
クマバチ揚羽蝶アリジゴク小縞源五郎ハキリバチササクレヒトヨタケ
イタドリハムシウラシマソウツマジロカメムシヒミズニワトコの実
l城寺さんのオオヤマレンゲギンリョウソウキアシナガバチ
夏の思い出”虫めづる”文化とalpine spiderハンミョウ
鳥の糞とテントウムシにそっくりなクモと投げ縄グモ墨流蝶キマワリクモタケ
ツノトンボイタチウロコアシナガグモの紫外線撮影ゴマダラカミキリ
オカトラノオ||キマダラセセリヘクソカズラ樹上性のクモサカハチチョウ(逆八蝶)
オオシオカラトンボ10数年ぶりのキジロオヒキグモ
秋草にすだく虫木の実・草の実ルビー色のきらめき蜻蛉(とんぼ)
天狗のようなクモむかご熟柿ツルリンドウクロホウジャク
チシオタケヨモギの虫こぶ奈良公園のディアーラインルリセンチコガネ
イヌセンブリムクロジの実ソヨゴススキ紅葉サワギキョウイシガキチョウ
冬の散歩道読書の季節「ケビン・ショートの本」凩(こがらし)冬尺
続・読書の季節/ゲーリー・スナイダーの詩集『亀の島』冬苺小啄木鳥
ジョウビタキツグミヤマガラルリビタキ山繭蛾エナガ薄氷アオサギ
ウラジロマヒワシメヤマドリ徳利形の巣カワセミ秋収冬蔵
ホームへ


ホームエッセイ|里山の四季|くものページくもの図鑑くものあみ研究のページ英語版リンク集沿革とプロフィール